post-line

朝の早い時間・夕方の遅い時間帯は、なかよし保育(乳児・幼児合同保育)を行っています。

年齢やクラスが異なるお友達同士の交流が自然と深まります。

ひよこのおうち(1歳児)のお友だちが来ると、うさぎ(3歳児)のお友だちが迎えに来て、手を拭いてくれたりとはりきってお世話をしてくれる姿がみられます。

おはよう!!今日は何して遊ぶ?

また、好きなおもちゃを覚えているのでおもちゃを持ってきてくれます♪

今はおままごとや車が好き!!

ひよこのお友達は、いつもたくさん遊んでくれるうさぎのお姉さんのことが大好きです☆

洋服も一緒のピンク色だね♪

なかよし保育の時間帯も、とてもあたたかな関係性が育まれていきます。

post-line
post-line

異年齢クラス(3~5歳児)では、陶芸教室の先生に来ていただき、月2回造形活動を行っています。

一年を通し、身近な食べ物や季節に合わせたもの、大事なものなど様々なテーマに合わせて作品を作ります。

造形活動で大切にしていることは「思いを形にする」ことです。

うさぎさん(3歳児)は粘土遊びを楽しみながら、形作る方法を知り表現する楽しさをたくさん積み重ねていきます。

きりんさん(4歳児)は、イメージしやすい具体的なテーマで作品を作ることを、らいおんさん(5歳児)は、抽象的なテーマからものを作ることにも挑戦します。

今回はコップ作り!!

コップ作りは少し難しいため、うさぎさんときりんさんはまず練習からスタートです。

粘土を丸めてお団子に。お団子を伸ばしておせんべいに。おせんべいはコップの底になります。

違うお団子を作り、細長く伸ばしてひもに。ひもを重ねていくとコップになります!!

お団子作り、ひも作り。とても集中しています。

おおきなおせんべいが出来ました☆

らいおんさんは本番です!!

さすがらいおんさん☆どんどんコップの形に近づいていきます。

ひもを作る手付きはとてもスムーズです。

ひもを一つ一つ重ねてコップの形にしていき・・・

親指と人差し指を上手に使い、形を整えています。

最後の仕上げは色塗りです。

どんな色にしようかなぁ・・・

子どもたちの思いが形になり、一人ひとりの個性溢れる作品が誕生していきます。

焼きあがったコップがとても楽しみです♪

コップ作るの楽しいよ~♪

毎年、一年を通して作った作品を園内に展示します!!

post-line
post-line

異年齢クラス対象(3~5歳)に歯みがき教室が行われました。

歯みがきの大切さを知ってもらい、楽しく上手に歯をみがくことが出来るよう、毎年園歯科医から歯みがきの仕方を教わっています。

みんな先生のことを覚えているので、”カミカミ先生~”と声がかかります。

「今日の朝、歯みがきしてきたかな?」

先生の質問にも元気いっぱいに答えます。

歯の模型を使い、歯みがきの練習が始まりました。

先生の説明分かりやすかったね。

実際に歯をみがきながら、歯ブラシの持ち方や歯のみがき方を覚えていきます。

みんな真剣にみがいています!!

うさぎさん(3歳児)も上手にみがくことが出来ています!!

先生からお菓子に入っている砂糖の量についても教えてもらいました。

砂糖の量の多さにみんなビックリ!!

むし歯菌は、甘いお菓子に入っているお砂糖が大好きです。お菓子の食べ過ぎには要注意。食べたら歯をみがくことを習慣にしましょう。

★虫歯を作らないために★

①だらだらと食べない

②食事の時間を決める(規則正しい食生活が最も大切)

③食べたら磨く

④仕上げ磨きを行う

⑤定期的に歯の検診を受ける

大人も子どもと一緒に歯をみがき、歯みがきをする姿を見せることも大切です!!

※子どもが歯ブラシをもっている時は、目を離さないようにしましょう。

post-line
post-line

ひよこのおうち(1歳児)の子どもたちは、室内で遊ぶことも大好きです。

最近では椅子に座り机の上でお絵かきやシール貼り、玉さし盤など色々な遊びをしています。

その中でも”小麦粉粘土”は人気があります☆

小麦粉粘土、冷たくて気持ちがいいなぁ~

ナイフやフォークなどのおもちゃで感触を確かめたり。

ちょっと切ってみよう。

直接手で触れて感触を味わってみたり。

何を作ろう。考え中・・・

両手でビヨーンと伸ばして楽しんでいます!!

ピンク色の粘土は食紅で色をつけました。

形がどんどん変わっていくの不思議だなぁ。

粘土は柔らかく、手先を使って自由に様々な形をつくることの出来る面白さがあります。

おうちでも粘土ブームが起きているそうです!!

※小麦アレルギーがある場合は小麦粘土は使用せず他の粘土を使用します。

post-line